ブログ

                               

『売る、ということに罪悪感を持たなくても良い』

お弟子さん制度1期が修了し、それで「はい。さようなら~」になっちゃう人もいるけれど、大半の人はその後も何なりとつながりがありますし、なんならお弟子サロンを開設したので、日々、ネットやリアルで交流を深めております。

昔から「カウンセラーはなかなか売れない」という話がありまして、もちろん、今では年商が億を超えるカウンセラーさんだってどんどん出てきている一方で、1億どころか100万にも満たない、というカウンセラーも多くいらっしゃいます。

カウンセリングをする能力と、売る(ビジネス)の能力はまだ別だからなあ、ということに私は気付くわけですが、その辺をツンツン突いていくと、「商品を売ることに抵抗がある」という心理が出てきます。

例えば、自分が作った石鹸だったり、ぬいぐるみだったり、イラストだったりならば売るのには抵抗ないけれど、自分のカウンセリングを売るのはちょっと・・・という風に。

もちろん、カウンセラーとして自信がないから、とも言えるんですけど、自信って経験が付けてくれる側面もあるから、

自信がない→売れない→経験を積めない→自身が付かない

という悪循環にハマってしまっている方も少なくないようです。

そんなときに「自己価値をあげる」ということも大切なアプローチだし、モニターさんを募集したり、イベントに出店するなどして経験を積む、ということも有効だと思うのですが、心理的に見たときに「売ることへの罪悪感」を取り除くことも重要だな、と感じています。

カウンセリングって素晴らしい商品のはずなのに、なぜか、ゴミを売ってるような感覚になっちゃってる人もいるんですよねー。

そこで皆さんに考えて頂きたいのはこんなテーマです。

○カウンセリングって何が素晴らしいの?

○カウンセリングってどんな風にクライアントさんを喜ばせるものなの?

○カウンセリングを使うメリットって何?

どれも似た質問なので、答えやすいところを答えてもらえたらいいのですが、あなたが提供するサービスというのは、すなわち、その答えを与えることになるんですね。

そこで「自分にはそんな実力なんてない!!」とか思わなくてもいいんです。

そう思っちゃうってことは「自分に期待している」か「誰かと比較・競争している」かのどちらかだと思うんですよね。

クライアントさんもバカじゃありません。
大切な時間とお金を投資するんだから、ちゃんと選びます。

その上であなたのところに来てくれるクライアントさんは、あなたがベストを尽くせば、十分喜んでいただき、その効果を出してくれる方なのです。

そこは信頼してあげましょ。

だから、あなたのカウンセリングは「商品」として「売る価値」が十分あるもんなんですよ、と自覚してもらえたら嬉しいのです。

だから、どんどん積極的に売った方がいいんです。

だって、それはお客さんを喜ばせるものでしょう?
クライアントさんを幸せにするためのものでしょう?

素晴らしいものを売ってるんだから、胸を張って、堂々と、売っていいんです。

PREV

『世に出ることに対する潜在意識レベルの強烈な怖れについて』

NEXT

『チャンスを掴む人、逃がす人』