『覚悟を決めると売り上げは自然と伸びていく』

コンサルをしていた方がある月から急に売り上げが伸び始めたと嬉しそうに話してくれました。
私は少し前にお会いしたときにそんな予感をしていました。

なぜかというと彼女の表情が以前とは変わっていたからです。
「ああ、ついに覚悟を決めたんですね」とお伝えしたのをよく覚えています。

クライアントさんと長年接していても、覚悟を決めた人から変化していきます。

それまではウダウダしていたり、曖昧だったり、決め切れなかったり、決めているつもりだけだったりしていたのが、腑に落ちるというか、腹を括るというか、そうなる瞬間があるんです。

もちろん、目の前でそうなれば分かるんですけど、たいていは何気ない瞬間にそれは訪れるようです。

覚悟を決める=腹を決める=腹を括る、なんて言いますが、そうすると状況は光の速さで変わっていくものです。

「マインドが売り上げを決めている」とつくづく私は思います。

カウンセラーに限らず客商売をされている方であれば、それはモロに実感されることと思います。

つくづく「マーケットはバカじゃない。ほんとうに賢い」と思わされます。

自分の心の状態(=マインド)がそのまま売り上げとして反映されるのです。

いっぱいいっぱいで余裕がなくて、やっつけ仕事になっていると、いつの間にか売り上げは落ちています。

よっしゃやるぞ!と決めて、震える手で告知を打ったりすると、びっくりするくらいのスピードでお客さんが反応してくれます。

で、そうなると「じゃあ、覚悟を決めるってなんなのか?」ってことになると思うんですね。

抽象的すぎるじゃねーか、よくわかんねーよ、と思われるんじゃないでしょうか。

はい。私もずーっとそう思ってきました。

目に見えないマインドが売り上げを左右することは分かっているけれど、それって曖昧過ぎて何がなんだか分からないのです。

この状態は覚悟を決めてるの?それともそうじゃないの?という疑問は常に付きまといます。

また、覚悟を決めた状態もいろんな誤解があるようです。
カウンセリングに一心不乱になること?
無我夢中になること?
情熱的に突き進むこと?

確かにそれらも当たりです。でも、もっと静かな覚悟もあると思います。

恋心と同じ。
燃え上がる恋を感じるタイプもいれば、静かにひたひたと恋する人もいるでしょう。

覚悟を決める、というのは、シンプルに言えば「私はこれで生きていく、これで生きていきたい」と決めること。

そして、それをもう変えないこと。
怖くても不安でも自信がなくても、ただ、そう決めること。

人目が気にならなくなればなるほど覚悟ができた証拠です。

「私はこれで生きていく。」

なんども自分にそう宣言します。
やりたいから、好きだから、でもあるし、これ以外ないから、できないから、でもいいです。

やると決めればやる理由はたくさん出てくるものです。
逆に、決めかねているときはどこかで「やらない理由、できない理由」を探しています。

覚悟というのも「0か1」のデジタルではありません。
また、上限もありません。

私の体験を振り返れば、おそらく10年以上前から覚悟は決めていたと思います。
でも、10年前と今とを比較すれば覚悟の度合いは違います。
腹の括り方は全然違うと思います。

際限はないんですよね。

ただ、覚悟を決めると意識が変わります。
逃げない。
言い訳しない。
できなり理由を探さない。

無価値感や自信のなさを理由にすることはなくなります。

なぜならば「やる」と決めているから。

自信がなくたって、怖くたって、一人ぼっちだからって、何だって「やる」わけですから。

そうなると、他人の評価などに構っているヒマはありません。
できることなんて、それこそ、時間がいくらあっても足りないくらいあるわけですから、自分がやりたいことに意識を向けるだけで精一杯になります。

この記事を書いたらどう思われるか?なんてことを考える前に、次のネタを探していますし、次できることに向けて行動しています。

もちろん、その行動は時に「温泉に行く」「寝る」「酒を飲む」だったりするわけですけどね。
ずーっと気を張ってるわけではありません(笑)

だんだんと覚悟のレベルを上げていきます。

「これで生きていく」という意識をどんどん腹の底に下ろしていきます。

そうすると、それを見てくれているマーケットがちゃんと好意的な反応を示してくれます。

私にとっての「集客」って行き着くところ、これなんです。
テクニックでも何でもない精神論ですから、あまり説いたりすることはないですけれど。

自分のマインドが整っていれば勝手にうまく行きます。
覚悟を決めれば自然となるようになっていきます。

目の前の売上はそれこそあなたの覚悟の通信簿みたいなものだと思っています。

「私はこれで生きていく」と宣言するたびに、一歩前に出ます。
それを繰り返すことで自信もついていくのです。

【カウンセラー向けの特別講座やってます!】

東京:3/24(日)
12:00-14:00「カウンセラーが売り込まずに月収30万円を得る営業力講座」
https://nemotohiroyuki.jp/event-cat/28715

15:00-18:00「カウンセラーのためのお金と豊かさブロックを外すワークショップ」
https://nemotohiroyuki.jp/event-cat/28727

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter

『カウンセラーが豊かになることはクライアントさんへの希望になる』

私は昔、何となく「カウンセラーって豊かになってはいけない」と思い込んでいました。
同時に「クライアントさんは少ない収入をやり繰りして来てくれるもの」と思い込んでいました。

お金に対してだいぶブロックがあったんですよね~。

私がカウンセリングの勉強を始めた頃はどのスクールや施設に行っても、あまり豊かさは感じませんでした。
そもそも「人の悩みを聞いてお金を取るなんて!」という風潮が今よりずーっと強かった時代ですし、「カウンセラーて何なの?何するの?」という時代でした。

元々カウンセリングってキリスト教会がやっているものですし、その他の宗教も信者獲得の一環としてやっているものです。

だから、基本的にカウンセリングは無料だったんですよね。

ですから、カウンセリングでお金を取ること自体が受け入れにくい風潮でしたし、それゆえ「カウンセラーになっても食えない」という話が信じられていました。
それで多くのカウンセラーは、「カウンセラー養成スクール」というのを作って、そちらで収益を上げるビジネスモデルを構築していたのです。
ほんとにたくさんのスクールがありました。
ちゃんとしたところから、明らかに怪しいところまで。

そんな頃に私はカウンセラーとしてデビューしたので、その頃の2時間15,000円の料金も高いと思っていましたし、お客さんに申し訳ない気持ちでいっぱいでした。
まあ、ざっと今はその4倍頂いているんですけど、それでも安いんじゃね?と思っているくらいですので、まあ、偉くなった(態度がでかくなった)ものです。

そんな私の意識が変わり始めたのはカウンセラーが世間に認知されてきた00年代後半くらいです。

そして、それが決定づけられたのは神戸で開催されていた尾崎里美さん(通称:ねえやん)のセミナーに通うようになってからです。

ほんまにびっくりしましたね~。
あら、カウンセラーって豊かになっていいんだ、と愕然としましたね~

神戸・北野の一等地にある、年間数千万の家賃がかかるセミナールーム。
ピカピカに磨かれた床に椅子。
何種類も置かれた飲み放題のドリンク。
堂々とお金の話をする里美ねえやん。

「豊かになることはみんなを幸せにすることだ」という教えを頂きました。

その後、いろんなカウンセラーに会う機会があり、「豊かさをちゃんと受け取って幸せでいることがクライアントさんに与えられる希望になるんだ」ということも実感しました。
すると年収が億を超えるカウンセラーだって何人もいることが分かって来たんですね。

もちろん、億を稼ぐことは個人の主義です。そこまでお金にこだわらない人もいるし、安価でカウンセリングを提供することが「自分のしたいこと」な人もいます。

豊かさを受け取ること、カウンセラーとしてお金を稼ぐこと。

この心理ブロックを外しておくことで、より自由なカウンセラー人生が送れると思うのです。

私の場合、そのブロックを外すのはねえやんはじめ、何人もの人に会ったからでした。

そして、お金について研究し、そんなセミナーをやったりもしました。

結局は「方法論」(やり方)ではなく「あり方」なんだな、と気付くのです。

豊かになっちゃって全然いいよー。
カウンセリングでたくさん稼いだって全然OKだよー。

そんな許可を自分に出し続けることがとっても大切だと思うのです。

そんなセミナーがいよいよ来週に迫って参りました。
お金のブロックを外して豊かさを享受されてる2名がそれぞれ講師を勤めてくださいます。

豊かさを受け取った人ってこんな感じなんだ~という目線で参加されるのも良いかと思います。

東京:3/24(日)
12:00-14:00「カウンセラーが売り込まずに月収30万円を得る営業力講座」
https://nemotohiroyuki.jp/event-cat/28715

15:00-18:00「カウンセラーのためのお金と豊かさブロックを外すワークショップ」
https://nemotohiroyuki.jp/event-cat/28727

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter

『はじめてのクライアントさんは緊張してるし、うまく話せないもの』

読者さんからのリクエストに答えて下記のような記事を書きました。

「カウンセリングに行くと疲れちゃう他人軸人生を歩んできた私」
https://nemotohiroyuki.jp/everyday-psychology/29372

これ、ほんとにあるあるなので、カウンセラーを目指す皆さんにもシェアしたいと思います。

その上で、カウンセラーとしてどう対処していったらいいか?というお話です。

カウンセリングを利用されたことがある方ならきっと分かると思うのですが、初めてお会いするクライアントさんはとても緊張されています。
セミナーで会ったことがある方でもそれなりにドキドキされてますから、まったく初めての方であればなおさらです。

前の晩は眠れなかった人もいるし、怖くてドタキャンしようかと考える人もいるし、セッションルームに入る勇気がなくてその前を何往復もしちゃう人もいます。

でも、クライアントさんはたいてい大人なので笑顔で「こんにちはー」などと言って入ってこられます。

で、カウンセラー側もまだデビューしたてで慣れていないと、自分も緊張してたり、若干、気負っていたりして、そうしたクライアントさんの雰囲気に気付けません。

なんかぎこちないなあ、という空気を感じたまま、カウンセリングがスタートしちゃうこともあるでしょう。

余裕をもって「いらっしゃいませ~。あれ?なんか緊張しちゃってます?無理ないっすよね~。まあ、お茶でも飲んで一息ついてくださいな~」なんて言えるようになるには、それなりの経験が必要です。

なので、私はそういう時にこんなお話をよくしています。

「緊張しますよねえ~、でも、だんだん落ち着いて行きますから、今は緊張したまんまでいいですよ」

「うまく話そうとか、ちゃんと伝えようとすると逆にうまく行きませんからね。今日話せる範囲で大丈夫ですので。事前アンケートを書いてもらうのもそのためなんですよー」

「終わったあとはドッと疲れちゃうかもしれませんので、帰り道は気を付けてくださいね。特にぼーっとしたまんま段差でコケたり、逆方向の電車に思い切り乗ってたりしますからね。」

「そりゃあ、慣れないことするわけですから疲れるもんです。でも、何度か受けてみると慣れてきて『おい、根本、茶出せや、茶』とか言ってるかもしれませんから、楽しみにしてくださいな」

・緊張する
・うまく話せない
・伝えたいことがまとまらない
・疲れる

これらは当たり前のことですよね。

でも、それをちゃんと当たり前だから大丈夫ですよ~♪って言ってあげないと、クライアントさんは分からないんです。

自分も緊張してそういうことが言えなくなりそうな方は、あらかじめ、そういう話を紙に印刷してお渡ししてあげるといいですね。

特に慣れていないクライアントさんで、ずっといい子をしてきた人は、カウンセラーにも気を使い、カウンセラーに嫌われたくないので、カウンセラーの前でもいい子をしてしまいます。

だから、カウンセラーにとっては聞こえのいい答えばかりを返してくれる人もたくさんいます。

いわゆる「いいクライアントさんになってしまう問題」です。

そういうこともある、とカウンセラーが意識していると、「うーん、それ、本音なのかなあ?」というところにも気付けるようになります。
(もちろん、それを指摘するかどうかはその場次第)

そういうわけで「うまく行ったと思うカウンセリングは単にクライアントが合わせてくれただけ」という意識を持っておくとより謙虚になれると思います。

緊張を解いてあげるには、何らかの雑談から入るのも手ですが、そうするとそこに時間を取られて肝心な話をする時間が短くなってしまいます。

私の場合、とりあえず「お手洗いはこちらです~。よかったらどうぞー」とか、冬なら、「良かったらハンガー使ってくださいね」などから入ります。

そして、若干鉄分多めな私なので「どちらからいらしてくださったんですか?ああ、それなら西武新宿線でしたっけ?なんか素敵な大衆酒場が多そうなエリアですよね?」みたいな話を振っています。

服を褒めて「それはどちらで買われたんですか?」とか「甘いものはお好きですか?よかったらチョコレートをどうぞ。これ、私のお気に入りの店で買ってるものなんです」などでアイスブレイクするのもいいと思います。

でも、それは短めにして、いよいよ本題に入るんですが、そこはサクッとモードを切り替えて、「なんて話をしてると雑談ばっかりで終わっちゃうんで、そろそろ本題に入ってもいいでしょうか?」とズバリ斬り込んだ方が覚悟もできやすいと思います。

「クライアントさんはとても緊張しているし、自分が思っていることをうまく話せないことが多い」ということを知っておくだけで、対応はだいぶ変わってくると思います。

参考になさってくださいませ。

<カウンセラー向けのセミナー企画してます!一般参加もOK!>

東京:3/24(日)
12:00-14:00「カウンセラーが売り込まずに月収30万円を得る営業力講座」
https://nemotohiroyuki.jp/event-cat/28715

15:00-18:00「カウンセラーのためのお金と豊かさブロックを外すワークショップ」
https://nemotohiroyuki.jp/event-cat/28727

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter