来年1月開講の根本のお弟子さん制度について

とてもありがたいことに兼ねてから
「根本さんはカウンセラーを育成しないんですか?」
「根本さんってお弟子さんはとってらっしゃらないんですか?」
「根本さんのカウンセリングの手法を学ぶ機会ってありませんか?」
「根本さんの元でカウンセラーの勉強をしたいです」
という声を頂いておりました。

しかし、当時の私の答えは「ごめんね~。育成って言っても何をしていいか分からないんだよね。僕の母校の神戸メンタルサービスを検索してみて~」でした。

私がカウンセラーとしてデビューしたのは20年ほど前。
その当時と今とでは環境が全く違います。
そして、私は当時から良かれと思ったことを手あたり次第取り込んで今に至ります。
師匠から学んだことをベースに、あちこちのセミナーに出かけ、本を読み、ブログで勉強して今に至ります。
もちろん、最大の学びは実際のクライアントさんとのカウンセリングやセミナーです。
今までも、そして、今も、どうすればいいんだ?ということを考え続けてきています。

また、おかげさまで人気カウンセラーという肩書で呼んでもらえることも多いですし、本もたくさん書かせていただいているのですが、自分の実力はそない大したことないと思っているんです。
もっとすごい人、もっとできる人、もっと成果を出している人がいつもいて、「自分はまだまだだなあ。ほんとに才能ないなあ」と感じています。
時には嫉妬もするし、自己嫌悪するときもあります。
自己肯定感を売りの一つにしているにも関わらず、です(笑)

だから、もっと向上したい、もっとうまくなりたい、と思い続けています。

カウンセリングやセミナーは大好きです。
大好きだからこそ、そこにコンプレックスも生まれます。
才能のある人に嫉妬したり、すごい成果を出してる人に劣等感を感じたりするんです。

でも、今の自分にできることしかできないので、常にベストを尽くそうと思ってやってきました。

そもそも私の直接の師匠である平順司氏や前川安三(長谷川泰三)氏(故人)はどう見ても天才だったので、自分がカウンセラーになった頃は自分の無能さを嘆くばかりでした。
しかし、そんな自分を慕ってカウンセリングに来てくださる方がいらっしゃるんですね。
「僕のところに来るよりも師匠のところに行けばいいのに」と内心思いながらも、必死に何とかしようとしていました。

しかし、彼らが天才であるがゆえに気付いたことがありました。
「競争したってしょうがない。自分にできることにベストを尽くせばいい」と。
そう思ったらとても気持ちが楽になったので、それからは興味のあることを吸収し続けながら、「自分にできること」「自分らしいこと」をずっと追い求めてきました。
だから、5年前、10年前と今とでは言ってることが全然違うかもしれません。

数字にはあまり興味がないので具体的には挙げられないのですが、1対1の個人セッションはのべ1万人以上、セミナーは数千回はやって来たと思います。
その中で、自分に合うスタイルを模索しながら、自分なりのカウンセリングスタイルを確立して来ました。
その一つは「自然体であること」。それが自分が楽だからです。
また「安心、希望、笑いを届けること」。自分が与えたいことは突き詰めるとその3つだから。

そうして自分のスタイルを模索し続けている中で、「根本さんの弟子になりたい」とか「カウンセリングを学びたい」という人に出会うようになりました。

「自分らしくやるのがカウンセリングだから、僕のやり方を学んでもあなたに合うとは思えないけどなあ」と思ったり、「正直、何を教えていいのか分からないんだよね~」と思ったりして、そうした声は華麗にスルーしてきたわけです。

しかし、ある時「そうした自然体でやるやり方を伝えることはできるよね」と気付き、「分からないんだったら聞けばいいじゃん」と思い付き、リトリートセミナーの参加者たちから「お弟子さん制度0期」を立ち上げました。
そこで、何を教えればいいのか、何を知りたいのかを集計しつつ、いろんな意見を吸収しながらカリキュラムを作ってきました。

そしたら、思った以上に楽しいし面白いんですよね(笑)
あら、なんだ、自分がやりたかったことなのかもしれない!と思い始めています。

そして、自分が頑張ったり、苦しくなったりしない範囲でカリキュラムを作りました。
そこに私の約20年分の知識、経験、思いを入れました。
私が役に立ったこと、私が好きなこと、私のあり方、思いを詰め込みました。

それがお弟子さん制度1期として今回リリースするセミナーとなります。
とはいえ、飽き性な性格で、同じことを何度もすることができないので、内容を常に刷新しながら開催したいと思いますし、その時の気分でカリキュラムの内容がガラッと変わってしまうかもしれません。
そして、いきなり「やっぱ、やーめた」となるかもしれません(笑)

それでもええよ、という寛大なる心をお持ちの方を対象に、お弟子さん制度を立ち上げます。
興味を持ってくださった方はぜひこの先を読み進めてください。

続きはこちらから

https://nemotohiroyuki.jp/schedule-cat/26370

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter