お弟子さん制度1期が修了し、それで「はい。さようなら~」になっちゃう人もいるけれど、大半の人はその後も何なりとつながりがありますし、なんならお弟子サロンを開設したので、日々、ネットやリアルで交流を深めております。 昔から「カウンセラーはなかなか売れない」という話がありまして、もちろん、今では年商が億を超えるカウンセラーさんだってどんどん出てきている一方で、1億どころか100万にも満たない、というカウンセラーも多くいらっしゃいます。 カウンセリングをする能力と、売る(ビジネス)の能力はまだ別だからなあ、ということに私は気付くわけですが、その辺をツンツン突いていくと、「商品を売ることに抵抗がある」という心理が出てきます。 例えば、自分が作った石鹸だったり、ぬいぐるみだったり、イラストだったりならば売るのには抵抗ないけれど、自分のカウンセリングを売るのはちょっと・・・という風に。 もちろん、カウンセラーとして自信がないから、とも言えるんですけど、自信って経験が付けてくれる側面もあるから、 自信がない→売れない→経験を積めない→自身が付かない という悪循環にハマってしまっている方も少なくないようです。 そんなときに「自己価値をあげる」ということも大切なアプローチだし、モニターさんを募集したり、イベントに出店するなどして経験を積む、ということも有効だと思うのですが、心理的に見たときに「売ることへの罪悪感」を取り除くことも重要だな、と感じています。 カウンセリングって素晴らしい商品のはずなのに、なぜか、ゴミを売ってるような感覚になっちゃってる人もいるんですよねー。 そこで皆さんに考えて頂きたいのはこんなテーマです。 ○カウンセリングって何が素晴らしいの? ○カウンセリングってどんな風にクライアントさんを喜ばせるものなの? ○カウンセリングを使うメリットって何? どれも似た質問なので、答えやすいところを答えてもらえたらいいのですが、あなたが提供するサービスというのは、すなわち、その答えを与えることになるんですね。 そこで「自分にはそんな実力なんてない!!」とか思わなくてもいいんです。 そう思っちゃうってことは「自分に期待している」か「誰かと比較・競争している」かのどちらかだと思うんですよね。 クライアントさんもバカじゃありません。 大切な時間とお金を投資するんだから、ちゃんと選びます。 その上であなたのところに来てくれるクライアントさんは、あなたがベストを尽くせば、十分喜んでいただき、その効果を出してくれる方なのです。 そこは信頼してあげましょ。 だから、あなたのカウンセリングは「商品」として「売る価値」が十分あるもんなんですよ、と自覚してもらえたら嬉しいのです。 だから、どんどん積極的に売った方がいいんです。 だって、それはお客さんを喜ばせるものでしょう? クライアントさんを幸せにするためのものでしょう? 素晴らしいものを売ってるんだから、胸を張って、堂々と、売っていいんです。

READ MORE

お弟子さんたちの話を聴きながら、そう言えば・・・と思い出したことがあります。 今は毎年当たり前のように何冊もの本が出ていて、それが今のところ来年くらいまでは続く予定なのですが、2014年に初めて単著で本を執筆した時は自分でも思わぬところで抵抗が出てきたものでした。 それが「これが世に出ることへの怖れか・・・」としみじみ感じていたものです。 「頑張らなくても愛されて幸せな女性になる方法」という本は、2014年2月頃にリベラル社から執筆の依頼を頂きました。 その後、6月くらいには脱稿していたかと思います。 始めの頃は8月くらいに刊行予定だったかと思います。(その辺、もう、記憶があいまいなので違ってたらすいません) でも、出版社の都合か何かで9月に延期になりました。 まあ、そのときは何とも思いませんでした。校正作業もあったし、そんなもんかと思ってたんです。 ところが、その後、再び発売が延期になります。 原稿も書いた。編集も終わり、校了している。なのに、肝心の本が出ない。 再度延期の話を聴いたときは「もしかしてこのままお蔵入りとかはないよな?」という不安が心に過りました。 それは見本が出来上がる11月上旬くらいまで続きました。 その頃にふと思ったんです。 「これが世に出る怖れなのか?」と。 自分では全く意識していません。 むしろ、早く本が出て欲しいと願っていました。 しかし、潜在意識の中ではそうして夢が叶うこと、そして、世に出ることへの怖れが満載されていたんだろうと思います。 今振り返れば何となく分かります。すごく怖かったこと。 何が怖いのか?というのはよく分かりません。 でも、ずっと本を書きたいと思っていましたから、それが現実になることに対して、少なからず怖れを抱いていたんだろうと思われます。 そして、その恐怖心から、発売がどんどん延期になっていく、という信じがたい現実を創っていたのでしょう。 世に出ること。 夢が叶うこと。 どちらもすごく怖いことですが、その怖れの分だけ、ほんとうにしたいことでもあります。 だから、実際、見本が届き、みんなから祝福され、応援を頂いて、発売後3日で重版が決まりました。 * お弟子さんたちは今、カウンセラーとして世に出始めたところです。 そこには注目されること、名前が出ること、売れること、豊かになること、成功すること、そして、夢が叶うこと・・・一見、素晴らしいことのように思う、そうしたことが現実化することに、私たちの潜在意識はものすごく怖れを抱くのです。 「頑張ってるんだけどなかなかお客さんが来てくれない」 「色々と記事を書いているのだけど、アクセス数がイマイチ伸びない」 そんなお弟子さんたちの声を聴いているうちに、もしかしたら、彼らの潜在意識の中には、かつて私が感じたようなものすごく強い怖れが渦巻いているのではないかと思いました。 * ここまで書いて来て思い出しました。 そういえば、かつて私がボランティア・カウンセラーとしてデビューした1999年9月も、数度の延期を経てのことでした。 お弟子さんだけでなく、カウンセラーとして頑張ってるんだけど、なかなかうまく行かない・・・そんな現実の裏には、そんな怖れもあるのかもしれない・・・という目で見て見るといいんじゃないでしょうか? じゃあ、その上でどうしたらいいのか? 何も今と変わりません。 数度の延期の後、2014年11月に初めての単著が出たときも、ほぼ毎日のようにブログを書き、カウンセリングをし、セミナーをしていました。 今自分ができるところをひとつひとつ向き合っていくことしかできないんだろうと思います。 (出版社や印刷会社をけしかけても何も変わらないでしょう?) 今できることに意識を向けて、ほんと泥臭く、コツコツやっていく。 しかし、私はその経験を経て、さらに「コミットメント」が高まったと思います。 つまり、より腹を括れたんです。 だって、カウンセラーとしての本が出ちゃったんだもの。もう逃げられないよね。 もしかしたら、私が感じていた怖れは、まったく想定外の「本が出たらもう逃げられない」というものだったのかもしれません。

READ MORE