『ああ、カウンセラーって痛い職業だ・・』

前回のメルマガで頂いた感想をお送りします。
スッキリした!と受け取ってくださってうれしいです。

カウンセラー勉強会。あと1席です。

***
根本さま

こんにちは。
『クライアントさんとの境界線。』の質問を取り上げていただき
ありがとうございます!
(こんなに早く取り上げていただけるとは!!)

回答を読みながら、「ああ、カウンセラーって痛い職業だ・・」
と思ってしまいました。(笑

私の場合、人間関係についてはドライなタイプだと思いますが
根っこには、(相手によって)癒着してしまう部分があります。

カウンセラーを始めたばかりの頃に、ドライな部分と境界線を
意識しすぎたためか、根本さんが言うように
「冷たい」と言われたことがあります。(>_<) それからは、(言葉が足りないことも多いので)言葉を選んで、 行うようにしていますが表現の難しさも感じていました。 意識的に線を引く場合と半歩近づくイメージをケースによって、 やってみようと思います。 また、「主語」をはっきり言うことは、カウンセリングの現場に関わらず どんな状況でも大切なことだと思うので、もっと意識して使い、 伝えていきたいと思います! 自分がまだ乗り越え中の問題や傷については、 クライアントさんが再提示(投影)してくれているものとして、 自分も解決に向けてチャレンジしてればいい、という気持ちで 取り組んでいきます。 疑問に思っていたことやモヤモヤしていた部分が スッキリしました。 カウンセラー向け勉強会、楽しみにしています! ありがとうございました☆ (Yさん) ***

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter