『カウンセラーが豊かになることはクライアントさんへの希望になる』

私は昔、何となく「カウンセラーって豊かになってはいけない」と思い込んでいました。
同時に「クライアントさんは少ない収入をやり繰りして来てくれるもの」と思い込んでいました。

お金に対してだいぶブロックがあったんですよね~。

私がカウンセリングの勉強を始めた頃はどのスクールや施設に行っても、あまり豊かさは感じませんでした。
そもそも「人の悩みを聞いてお金を取るなんて!」という風潮が今よりずーっと強かった時代ですし、「カウンセラーて何なの?何するの?」という時代でした。

元々カウンセリングってキリスト教会がやっているものですし、その他の宗教も信者獲得の一環としてやっているものです。

だから、基本的にカウンセリングは無料だったんですよね。

ですから、カウンセリングでお金を取ること自体が受け入れにくい風潮でしたし、それゆえ「カウンセラーになっても食えない」という話が信じられていました。
それで多くのカウンセラーは、「カウンセラー養成スクール」というのを作って、そちらで収益を上げるビジネスモデルを構築していたのです。
ほんとにたくさんのスクールがありました。
ちゃんとしたところから、明らかに怪しいところまで。

そんな頃に私はカウンセラーとしてデビューしたので、その頃の2時間15,000円の料金も高いと思っていましたし、お客さんに申し訳ない気持ちでいっぱいでした。
まあ、ざっと今はその4倍頂いているんですけど、それでも安いんじゃね?と思っているくらいですので、まあ、偉くなった(態度がでかくなった)ものです。

そんな私の意識が変わり始めたのはカウンセラーが世間に認知されてきた00年代後半くらいです。

そして、それが決定づけられたのは神戸で開催されていた尾崎里美さん(通称:ねえやん)のセミナーに通うようになってからです。

ほんまにびっくりしましたね~。
あら、カウンセラーって豊かになっていいんだ、と愕然としましたね~

神戸・北野の一等地にある、年間数千万の家賃がかかるセミナールーム。
ピカピカに磨かれた床に椅子。
何種類も置かれた飲み放題のドリンク。
堂々とお金の話をする里美ねえやん。

「豊かになることはみんなを幸せにすることだ」という教えを頂きました。

その後、いろんなカウンセラーに会う機会があり、「豊かさをちゃんと受け取って幸せでいることがクライアントさんに与えられる希望になるんだ」ということも実感しました。
すると年収が億を超えるカウンセラーだって何人もいることが分かって来たんですね。

もちろん、億を稼ぐことは個人の主義です。そこまでお金にこだわらない人もいるし、安価でカウンセリングを提供することが「自分のしたいこと」な人もいます。

豊かさを受け取ること、カウンセラーとしてお金を稼ぐこと。

この心理ブロックを外しておくことで、より自由なカウンセラー人生が送れると思うのです。

私の場合、そのブロックを外すのはねえやんはじめ、何人もの人に会ったからでした。

そして、お金について研究し、そんなセミナーをやったりもしました。

結局は「方法論」(やり方)ではなく「あり方」なんだな、と気付くのです。

豊かになっちゃって全然いいよー。
カウンセリングでたくさん稼いだって全然OKだよー。

そんな許可を自分に出し続けることがとっても大切だと思うのです。

そんなセミナーがいよいよ来週に迫って参りました。
お金のブロックを外して豊かさを享受されてる2名がそれぞれ講師を勤めてくださいます。

豊かさを受け取った人ってこんな感じなんだ~という目線で参加されるのも良いかと思います。

東京:3/24(日)
12:00-14:00「カウンセラーが売り込まずに月収30万円を得る営業力講座」
https://nemotohiroyuki.jp/event-cat/28715

15:00-18:00「カウンセラーのためのお金と豊かさブロックを外すワークショップ」
https://nemotohiroyuki.jp/event-cat/28727

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter