『自己価値をあげる質問』

昨日、隆盛くんとのYouTubeチャンネルをオシャレなレンタルスペースで観覧付きで撮影したのですが、そこで何度も話題に上ったのが「自己価値をあげる」という話。

なんだかんだここに行き着いちゃう、というテーマなのですが、カウンセリングをするにしても、集客にしても、豊かさを受け取るにも、この自己価値は避けて通れないテーマなんじゃないでしょうか。

このメルマガ/ブログでもよく触れてるテーマなので「またかいな」と思われるかもしれませんが、「まだまだっす!」とお答えしたいと思います(笑)

自分に価値がないと思ってしまうのは誤解に過ぎないわけですが、誤解せざるを得ないできごとが今まで起きてきて、それが潜在意識にデータとして積み上がってしまってることもまた否定できません。

なので、そうした体験をカウンセリングなりセラピーなりで癒すということがひとつのやり方で、そのために「棚卸し」と私が呼んでる過去を振り返る作業もなかなか有効です。
特に幼少期などの依存時代はそんな誤解を生む状態にあるためになおさら「大人の目で人生を棚卸しする」のはけっこう効果があります。

とはいえ、方法は100万通りあるわけですから、他にも幾多のやり方が開発されています。

例えばこれ。みなさん、ぜひご自身のブランディングのためにも真剣に考えてみてください。

「あなたのクライアントさんはなぜあなたのカウンセリングを受けるのですか?」

言い方を変えると、

「あなたのクライアントさんはあなたの何に惹かれてカウンセリングに来られるのですか?」

そんなん分かるかー!とキレずにぜひ考えてみてください。

すでにお客さんがいらっしゃる方はぜひそれをお客さんに聞いてみてください。
ものすごく自己価値向上に役立ちます。

私の場合だと「経験がある、たくさんのクライアントさんに会ってきた、分かりやすい、なんとかしてくれそう、答えややり方を教えてくれる、安心感がある、面白い、本を書いてる、説得力がある、自然体、ちゃんと理解してくれそう、受け入れてくれそう、余裕がある、面白い、ユニーク、ライフワークを生きてる、自分に心理学を使って生きてる」と言ったところでしょうか。
他にもあるかな。ありそうだけど、とりあえず、こんな感じ。

これからデビューする方には参考にならないものもあるけれど、せめて10個くらいは無理矢理にでも書き出してみることをおすすめします。

ただ、なるべく「~ない」という「否定形」は使わない方がよいと思います。

自分を客観的に見ることにも役立ちます。

そもそもお客さんになってくれる方はお金を払ってもよい、という判断をされてるので、どんな人でもあなたの価値を見てくれているのです。
その独特な表現力や生き方に共感してくれていたり、分析力や表現力に魅力を感じてくれていたり。
そこを分かってくるとブランディングにも大いに役立つと思います。

ぜひ、ウンウン唸りながらなんだろう???って考えてみてくださいね。

<カウンセラー向けのセミナー企画してます!一般参加もOK!>

東京:2/23(土)13:00-17:00 カウンセラーのための“ファンができる”“継続できる”情報発信講座
https://nemotohiroyuki.jp/event-cat/28443

東京:3/24(日)
12:00-14:00「カウンセラーが売り込まずに月収30万円を得る営業力講座」
https://nemotohiroyuki.jp/event-cat/28715

15:00-18:00「カウンセラーのためのお金と豊かさブロックを外すワークショップ」
https://nemotohiroyuki.jp/event-cat/28727

Share on Facebook16Share on Google+0Tweet about this on Twitter