『あなたは何をすると休みになるのでしょう?』

皆さん、どういう風に「休み」を取っていますか?
特にカウンセラーなどのフリーでお仕事をされてる方は、24時間年中無休で頭を動かしてることも多く、なかなか「休み」の概念が難しいかもしれません。
もちろん、お勤めされてる方でも、家に持ち帰ったり、土日も頭の中で仕事のことを考えていたりすれば、休みのようで休みじゃないのかもしれません。

「休むのも仕事のうち」

という風に私は思っていて、きちんと心身の疲れを取ることが、仕事でのよいパフォーマンスに繋がりますね。
ナンボ優秀なビジネスマンでも、休みなく働いていたら仕事の質はどんどん落ちていくものです。

でも、その休み方って人それぞれなんです。

1日ずっと家にいてゴロゴロしてることが休みになる人もいるし、纏めて休暇を取って日常を飛び出してのんびりすることで心身の疲れが取れる人もいます。
趣味の時間に没頭することや、好きな温泉やマッサージにハマることで疲れを取ろうとする人もいるでしょう。
友達とワイワイすることでも疲れは取れますし、一人でぼーっとカフェやバーで過ごすことでリフレッシュできる人もいるでしょう。
また、人によっては異性とのデートがそれに当たる人もいるし、ご飯を食べたり、お酒を飲んだりすることでチャージされる人もいるのです。

私の場合はどうか?というと、仕事そのものが休みになるタイプらしいです(笑)

長らくお世話になってる占い師に指摘されたのですが、似たようなことを先日、北海道で出会った“音読み”という鑑定師にも言われました。

「根本さんは仕事の充実度によって心身がリフレッシュするタイプですね。休みの日にぼーっとしてても疲れが取れないんじゃないですか?」

「根本さんは何か目的に向かって夢中になってやっていることでエネルギーをチャージします。」

ということで、旅先でも仕事をしてしまうし、それが楽しいんですよね。
また、どんなに休暇を取っても、仕事が停滞しているときは休まらないのですね。

馬車馬タイプってことですかね???(笑)

とはいえ、好きなことややりたいことをやらなきゃいけないタイプなんです。
だから、仕事でエネルギーチャージをすると言っても、好きな仕事じゃなきゃダメなんですよね。

「気持ち」が大事なので、やりたい仕事でも気が乗らないと進まないタイプで、そのために本の原稿などもその気になったときに一気に書くタイプです。

さて、皆さんはどんな風に「休み」を取り、エネルギーをチャージするタイプでしょうか?

それを知ることもモチベーションを維持すること、また、仕事のパフォーマンスを向上させることに繋がりますよね。

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter