『受身な私』

気が付けば3か月ぶりの配信です。ふふふ。覚えてくれてましたか?

来年くらいに何かまた系統立ってセミナーのようなことをしたいなあ、と思っています。

メインのブログでも時々お話していましたが、最近、コンサルのご依頼がちょくちょく増えました。

私に依頼して下さるくらいですから、前向きに頑張りたい人たちやバリバリの武闘派女子だったりするのですが、

「どんな風にブログのネタ作ってるんすか?」
「どうやったらお客さんが増えるんですか?」
「どうしたらあんな風にセミナーに人が集まるんですか?」

などと前のめりな質問してくださいます。
最近多いのが、

「どうしたら本を書けるんですか?」

というご質問です。

それで色々とお答えするわけですが、つくづく自分が受身な人間だなあ、ということがそういう質問を通して分かってきまして、ああ、何と主体性のない人間なんだと改めて自分を見つめ直す次第です。

元々、恋愛や人間関係に躓いて心理学、カウンセリングの世界を知りました。
カウンセラーになりたい気持ちもあったので、養成スクールに入りました。
そこで新たなカウンセラー育成のシステムができたので、ボランティアカウンセラーとしてまずはデビューしました。

そして、ある日、「プロにならへんか?」という声を頂いて、お金を頂いてカウンセリングをするようになりました。
その後も、「セミナーしたらええやん」とか「面談カウンセリングやったらどうや?」という師匠の一言で、それらに取り組むことになりました。

本の執筆も編集者からお話があったものばかりです。
今も4冊ほど執筆予定が決まりつつあるのですが、もちろん、出版社側から頂いた案ばかりです。

そして、上記の質問にお答えするならば

「どんな風にブログのネタ作ってるんすか?」

リクエストをお客様から頂いて、それに答えていたり、カウンセリングの中でネタになりそうな話を見つけて書いています。

「どうやったらお客さんが増えるんですか?」

いい文章を書けばお客さんが増えると思って、分かりやすく、かつ、面白く、時に、グッとくるような文章を心がけています。
また、セミナーもカウンセリングも分かりやすさと面白さを大事にしています。

今、特に意識してるのは「面白さ」です。
くすっと笑えるような小ネタを挟むことでお客さんを飽きさせないように意識しています。

お客さんを増やそうと意図的に何かをしていることはありません。
せいぜい、セミナーの告知文を一生懸命書くことでしょうか。

「どうしたらあんな風にセミナーに人が集まるんですか?」

記事を読んで騙されてくれた方がいらっしゃってくれるのでしょう(苦笑)
「分かりやすさ」「面白さ」というのを大事にしていますので、そこが評価されてるのかもしれません。

「どうしたら本を書けるんですか?」

毎日あれこれとブログを書いていたら編集者の方が見つけて下さって、こいつなら、と思ってくださったんだと思います。
本当は出版セミナーや、編集者との出会いなど、積極的に本を書くために働きかけを行う方がほとんどだと思うのですが、私はそういうことをしたことがないのであまりご紹介できません。

どうでしょう?この受身かつ他力本願なやり方は・・・。しかも、時の運みたいなものに左右されるようなものばかりで。。

お役に立てずにすいません・・・っていつも思うんですね。

言い訳のようになってしまいますが、そもそもこのメルマガが3か月も停滞してしまうのは、自分から何かを積極的に発信していこう!という気がないからなんですよね(苦笑)

なので、自分の体験を話すとけっこう精神論になってしまうので、あれこれと方法論も学び中です。

とはいえ、「好きなことを好きなようにやっていこうぜ!」という基本は変わらずです。

文章を書くのが好き。
カウンセリングが好き。
セミナーが好き。
旅が好き。

それでここまで来たのも嘘ではありません。

こういう話をすると「根本さんは確かに儲けようって気持ちがあまりないですものね~」と言われることもあるのですが、いえいえそんなこたぁ、ございやせん。
お金は大好きですし、儲けたいと思ってますよ!!

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter