『疲れたときは休みなさい~セルフケアは分かっていてもなかなかできないもの~』

すっかり忘れた頃に届くメルマガと課しましたこのメルマガ。
気が乗らないと書けない私が、ネタに詰まっているとこうなっちゃいますね。
皆さんはぜひ反面教師にしてください・・・(笑)

最近、個別に伺うカウンセラーとしての質問で、若干燃え尽き症候群のような、頑張りすぎてて疲れっちゃってるようなお話を頂きます。

何件か続いたので「ああ、それは間違いなく私自身のことでもあるな」と自分を振り返っている次第です。
やはりサボらずにちゃんと温泉に行こうと思います(笑)

頑張ってあれこれやってくると、どうしたって人って疲れます。
キャパオーバーな状態が何年も続けばそりゃそうなりますし、また、「飽きて」しまうこともよくあるんです。

始めはあんなにワクワクしていたカウンセリングやセミナーがワクワクしなくなったり、「今日もカウンセリングかあ・・・」とため息が出るようになったら要注意です。

オーバーワークな自分を癒してあげる時期です。

最近、立て続けに「せめて2週間でも休みを取りなさいよ」という提案をしているので、きっと私にその必要があるんだと思いますが(笑)、やはりカウンセラーだって人間ですから、疲れは溜まるもんだと思います。

そもそも好きな仕事って好きな故に頑張りすぎたり、オーバーワークになりやすかったりするものです。
また、これで生計を立てなければ!とか、このまま上昇カーブを描かなければ!とか、スタッフにお給料を払わなければ!とか、お客さんが待っててくれるんだから!などと、義務感のようなものに駆られてしまったら、やはり人間、長続きはしないものです。

そういう時はいったんリセットしてもう一度モチベーションを取り戻すことが必要です。

例えば、ストレスを解放する場合は「海」がお勧めです。また、自分のことを見つめ直したり、じっくり今後の戦略を練りたいときは「山」がお勧めです。

両方って方は、まずは海に2週間行って心を開き、その後2週間山籠もりして自分を見つめ直してみたらいかがでしょうか?

そんな纏まった休みは取れん!という方は、4勤3休のような形で、週末などは必ず2泊3日で海か山に行くことを提案したりします。

他にも、人のセミナーに行く、憧れの人に会いに行く、体をケアする(マッサージ、鍼灸、断食、温泉など)、スポーツをする、カラオケで朝まで歌い続ける、ひたすら映画を見る、吉本新喜劇を観て爆笑する、という方法もあります。

ともあれ、疲れてたり、モチベーションが低下したりしている自分を責めずに受け入れ、クライアントさんにしてあげるように自分に優しくする必要があります。

誰でも好きなことを仕事にしてる分、そういうオーバーワーク→燃え尽き症候群みたいな流れは体験するものだと思っています。

でも、そうした体験を積んで、自分なりのペースを確立していくのが理想なんです。

ちなみに私がやっていることと言えば、あまり先々までスケジュールを入れない、ということ。今、私は8月の予定を立てようとしているところです。
先ほど7月のセミナーの告知をしたばかりです。いまさら?うん、ほんとはもっと早い方がいいのは分かっているのですが、今の私にはそれがちょうどいいみたいです。

それから鍼灸。今日も行ってきました、体のケア。
吉本新喜劇。最近ハマってます。
後は一人で過ごす時間を作るべく、お酒を飲みに行くこと。これは出張先でよくしてます。

それからジムに行ったり、家の近所をランニングしたりしています。これはやはり効果的です。

旅そのものが仕事であり、癒しになっているので、その土地の美味しいものに巡り合うのもセルフケアの一つです。

気になるセミナーに行ったり、憧れの人の講演を聞いてモチベーションを取り戻すことはよくやっていますね。

それでも最近は温泉をサボり気味なので、また復活させようと思います(笑)

皆さんなりのセルフケアの方法、これも体験を通じて学ぶのが一番なのですが、この機会にぜひ、トライしてみてください。

カウンセラー、セラピスト、講師の皆さんから、個人での相談はやってないの?という問い合わせもよく頂きます。
そういう方には「やってますよ~」と枠を作ってお会いしています。
個人のカウンセリングはあまりやってないのですが、個別のコンサルティングなどは依頼があれば引き受けるようにしました。

もし、希望がある方は聞きたい内容をざっくりといいので書き出したうえでお問い合わせください。
費用としては60分~90分程度で32,400円とさせていただいてます。
場合によっては数千円ほど別途会場費がかかることがあります!

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter