『あなたはセミナーの依頼を頂いたときの値段、決めていますか?』

今日、ある方よりセミナーのご依頼を頂いたんです。
で、「自分の本質を知る、というセミナーを企画したいのですが、ざっくりと、費用感を教えてもらえますか?」と問われ、私は答えに窮してしまうんです。

そのテーマのセミナー、お役に立つのであれば、ぜひやりたい!!と思ったんです。
でも、費用は?って聞かれて、「あ、ああ、そうですねえ」とはっきりと言えない自分がいました。

実のところ、私はセミナーが好きで、自分がしたいセミナーをさせてもらえるのならば、費用って別にいくらでも・・・って思ってしまうタイプなのです。

皆さんは決めてます??自分のお値段。

ざっくりと今までの経緯からすれば半日で15~20万くらい、というお見立てしか持っていません。
けれど、セミナーにもいろいろあって、主催者にはもちろん利益を取って欲しいですし、逆に、よくコラボセミナーなどでよくやっている「取り半」でもいいのかな、と思うくらいなので、いきなり値段を問われると何とも言いにくいものなんです。

ビジネスとしてはこれ、失格だと思います。
ある程度、自分の市場価値を測った上で「値段」を提供させてもらう方が、先方としても色々とやりやすいはずですしね。

でも、その主催者との関係性(お世話になってる、とか、知り合いのツテだとか、まったく知らない相手だとか)にもよりますし、また、そのセミナーの意義・意味にもよりますし、もちろん、予算にもよります。

その辺はきちんと区切った方がいいんじゃないか?という意見も確かにあるのですが、私の場合、「セミナーが好きすぎて、それができるんだったら・・・」という前提があるんです。

だから、セミナーの報酬については「打ち合わせの上、決定させてください」と言う風にお答えするのが精いっぱいなのです。

私は基本、自分で主催したセミナーがほぼ9割くらいを占めます。
自分でセミナーを企画し、会場を探し、告知をし、集客をし、当日の運営も自分でします。(もちろん、お手伝いさんは毎回お願いしています。)

だから、当然ですけど、利益としてはその方が取れるわけです。

その基準で考えると、ご依頼いただいたセミナーの講師料はかなり膨大な額になります。

でも、基本的にセミナーが好きなので「こういうお客さんを集めますので、そこでその方々に役立つセミナーをしてくれませんか???」という問いに、「値段によっては」と答える勇気は未だ持ち合わせていないのです。

好きなことをしてお金を頂くわけですし、私たちの仕事は原価があまりかからないので、そのほとんどが人件費になるわけです。

となると、とても安い金額でも引き受けることができてしまうのですね。

さて、皆さんならどうしますか?

私は修行時代、そうした利益についてはほとんど学ばずに今に至りました。
これは今でもちょっともったいないな、と思うできごとで、いざご依頼を頂いたときに「どうしよう・・・」と思ってしまう根拠になるんです。

だから、カウンセラーやコーチの皆さんも、修行時代からそうしたビジネス的な感覚を養っておいた方が、独立して活躍し始めたときに悩まずに済むのかも、と思っているんです。
すなわち、私の事例を反面教師にして、今から準備しておいてくださいね、というお話です。

ちなみにそうした経緯で私の報酬をオープンにしてしまうことにしましょう。

2~3時間の短いセミナーでしたら、5万円から。
これは学校などからの依頼を対象としていまして、あとは内容とか、徴収する受講料とか、交通費などによって変わります。

短いセミナーでも、より専門的な内容を含む場合は10~15万円以上。
1日がかりのセミナーであれば30万以上。

そんな風にざっくりと決めています。

後は打ち合わせをした上で決めさせてもらっています。

その金額をお知らせした時、主催者の方が「あ、それでしたら・・・」と前のめりになることがよくありまして、「あ、安く設定し過ぎたかな?」とふと頭をよぎることも少なくありません(笑)

私たちは自分で自分の値段を決められる立場ですから、その辺は市場価値と共に見極めておきたいところですね(私はそれが苦手なのですけど(笑))

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter