『ボランティアでカウンセリングしてるが、ブログ含め、集客がいまいち。集客するにはどうしたら良いか。』

体調を崩してましてすいません。しばらくお休みしてました!

以前の勉強会で、こんな質問が出ました。

「ボランティアでカウンセリングしてるが、ブログ含め、集客がいまいち。集客するにはどうしたら良いか。」

集客については色々と語りたいことがありますし、私以外にもそれをコンサルティングしてくれる人もいらっしゃいますよね。
ほんといろんな考え方があると思うのですが、私が集客について考えるとき、一番基礎となるのは

「お客様目線」

だと思っているんです。

・自分の書いたブログをお客様が読んで好意的な気持ちになること。
・自分の書いた宣伝文を読んでお客様が行ってみたいと思えること。

これが基本だと思います。

けど、「好意的な気持ちになって」「行ってみたい」と思ったとしても、実際、カウンセリングには足を運んでくれません。

これ、すごく大事なこと。

「行ったみたいなあ」からはなかなか「行く」に結びつかないんです。

皆さんもそういう経験普段してませんか?

「海外旅行行ってみたいなあ」とか「根本さんのセミナー行ってみたいなあ」とか。
そこから「よっしゃ行くか!」になるためには、何か一つきっかけが必要なんです。

だから、

・その宣伝文を読んで「これ、行かなきゃ!」と思えること。

これがすごく大事なんです。

この「行かなきゃ」を簡単に作るのは「怖れ」を使うこと。

「このセミナー受けないと知りませんよ~」
「今回を最後にこのセミナーやりませんよ~、今回だけですよ~」
「このセミナー受けないとうまくいきませんよ~」

このマーケティングには愛がないので短期的には成功するかもしれませんが、長期的にはイマイチな結果になります。

じゃあ、怖れを使わずに「行かなきゃ」と思えるのはなぜか?

「これ、私のためのセミナーだ」と思わせること。

今の自分の状況に役立ちそう。
今の自分と似た人に会えそう。
今の自分がどうしたらいいのかが分かりそう。

そんな思いを抱かせてあげることです。

そのために用意するのは次の2つのアイテムです。

「お客さまからの感想」
「セミナーを受けた後に期待される効果」

これをお客様の立場から書くことをお勧めしているんです。

「お客さまからの感想」はそのまんまお客さんの立場ですからいいとして、効果をお客さまの立場から描くことが大事だと思ってます。

セミナーについて書いてますが、ボランティアでのカウンセリングについても全く同じこと。

実は私の後輩君に先日このことを伝えました。それで早速やってくれたんですが、ボランティアではなく、有料のお客さんから複数、お申込みがあったそうです。

彼はまだ実績がほとんどありません。
お客様のからの感想なんて書けません。

じゃあ、どうしたか?

カウンセラー仲間でカウンセリングの練習したりしますよね?
その仲間に書いてもらうんです。

むしろ、ほんとのお客さんに書いてもらうよりもずっと熱のこもった文章書いてくれますよ。

こうしてブログの読者が「あ、この人のを受けなきゃ」と思ってあげる導線を描いてあげることが大事なんです。

※グルコン&勉強会でもそんなお話をさせていただきますよ~!どしどし募集中!!

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter