『あなたにはどんな集客スタイルが似合うのだろう?』

以前、セミナーを手伝ってくれる仲間兼友人からこんな質問を投げかけられました。
そのセミナーの運営をお願いしていたのですが、

「根本さんってフェイスブックページを作って友人たちにどんどんお知らせしたり、いろんな人にお願いして集客一生懸命やりたいタイプ?
それとも、『ご縁のある人だけがセミナーに来てくれたらいい』っていうタイプ?」

その質問を投げかけられるまで私はそんなこと考えたこともありませんでした。
彼にそんな話をすると

「セミナー講師っていろんな人がいて、どんどん自分の知識を広めたい、いろんな人に役立ててもらいたいって積極的に呼びかけて行くタイプと、来てくれる人に喜んでもらえたらいい、とか、ほんと出会うことがご縁だからそんなに自分から呼びかけたりしない人といると思うんですよ」

という答えが返ってきました。
彼は著名人から無名の人までいろんなセミナーの運営や企画に携わっている人なので、そんな話をしてくれたのでした。

「たぶん、根本さんは後者だと思うけどね」

って一文も添えられていましたが。

皆さんはどっちのタイプでしょうか?
できるだけたくさんの人に来てもらって、自分の考えや学んだことや手法や思いを伝えたい、だから、積極的に集客したい!というタイプでしょうか?
それとも、来たい人が来てくれるのが一番、というタイプでしょうか?

私は彼の予測通り「ご縁」の方を重視するタイプでした。

それどころか「あまり満席にしたくないなあ。当日、ふと思い立った人が参加できるセミナーがいいなあ」なんてのんきなことを思っていたものです。

だから、セミナーも基本的には「当日払い」「キャンセル料なし」でやっていました。
とはいえ、たくさんの方が来てくださるようになり、定員ぎりぎりの攻防になることが増えて来たので、一部を除いて今は事前払いをお願いすることが多いのですが。

とはいえ、直前になれば「当日現金払いでもいいですよ~」なんて告知して、すでにお支払いしてくださった方の心象を害したりしてるんですけどね(苦笑)

どっちが正しいということはないと思います。

せっかく得た知識、経験、情報を多くの方に知っていただくのは有益だと思いますし、一方で、自分から見つけて来てくれた方のみを対象とするのもアリだと思います。

それもいろいろと試しながら「自分はどんなタイプだろう?」と模索してもらってもいいでしょう。

でも、残念なのは「自分のポリシーがあいまいなままに、自分が本来好まない方法で集客を頑張っている方」だと思います。

それは「右利きなのに、敢えて左で箸を持とうとする」みたいなことにも通じます。

集客ツールには様々なものがあり、私も勉強させてもらうこともあるんですけど、それはやはり自分のポリシーがあって役立つものだと思うんです。

だから、自分の方針と合わないコンサルさんの教えを一生懸命やっていても、一時的な成功はあれど続けられなくなると思います。
それをやっていることがしんどいからです。

自分の体型に合わない服を一生懸命着ているようなものです。
誰もハッピーになりません(笑)

とはいえ、私もお金は好きですし、たくさんの人に来てほしいと思いますし、それで多くの人に喜んでもらって、ノウハウを生かしてせいこうしてもらって、それで「根本さんって凄い!}って言われたい人です。
それで利益がいっぱいでたらテンション上がりますしね。

また、シャイだったり、怖がりだったり、めんどくさがりだったりして、頑張って集客をするってことが苦手なタイプでもあります。

「根本さんがちゃんと集客ノウハウ生かしたらもっともっと人が来てくれると思いますよ」

って言葉を聞くと、そのたびに「うーん、そうなのか。ほんとはノウハウをもっと勉強した方がいいんだろうなあ」と若干凹んだりもします。
でも、じゃあ、それが自分にできるか?というと自信がないのです。

さて、あなたは自分に合った形で集客ツールを使いこなしているでしょうか?
それとも、ちょっと自分を殺しながら頑張っているのでしょうか?

結局は「自分がどうしたいか?」にかかってくるんだろうと思います。

さて、あなたはどんなタイプでしょう???
自分を知る機会にしてもらたら嬉しいです。

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter