『未熟ばんざーい!!』

あるお客さん(といっても占い師、カウンセラーの卵)からそんなメッセージを頂きまして、「まさにその通り!」と合点した根本です。こんばんは。

先日、福島正伸先生のお話を久々に聴きに行きました。
ずいぶんと元気になられてパワフルなお話を聞かせていただくと同時に、自分の考えや気持ちを整理することができました。

そのお話の中に「はじめはすごく出来が悪い方がいい。なぜならば、成長した後に『あいつが!?』と感動を与えられるから」というくだりがあったんです。

つまり、ブログにしても、カウンセリングにしても、セミナーにしても、始めはへたくその方がいいってことなんです。

どんどん経験を積んでいくと、どんどんうまくなります。
そうすると、始めの頃と比べて「うまくなったなあ!すごいなあ!頑張ってるなあ!」って感動を与えられるようになるんです。

そして、その感動はそのまま「ファン」に繋がります。
だって感動を与えてくれる存在ってみんな好きになっちゃうでしょう?

逆に言えば「きれいにやろう」とすると大間違いなんです。
うまく文章を書けるようになったらやろう、
きちんと表現できるようになったらやろう、
上手に言えるようになったらやろう、
では、手遅れかもしれませんよー。

特にはじめは「経験」が重要です。
ゼロと1は大違いです。

だから、とにかくやってみて、やった後にどんどん修正して、どんどん成長すればいいんです。
あれこれ考えるよりも実際にバッターボックスに立った方が学ぶことは多いですよね。

できない言い訳、やらない言い訳をせずに、「やる」と決めて始めてみてください。

上手く書けないなあ、というブログがあったら、それはぜひ残しておいてください。
半年、1年、2年経って「あの時言いたかったことを今書くとこうなる!」という記事ができあがりますから。

今、未熟者だったら、今、それをあからさまにしてしまいましょう。
そしたら、あとでみんなを感動させられる!って思いながら堂々と晒してみてくださいね。

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter