『カウンセラー・ポリシー』

去年、福島正伸先生の連続講座に参加しました。
毎月京都に通うのは大変だったんですけど、新たな仲間や出会いが増えて、とても貴重な体験をさせて頂きました。

そのカリキュラムの中で「生き方のポリシーを作る」というのがあるんです。
自分の人生のポリシー
人生において大切にしたいこと、大事にしていること。

それを挙げていくんですね。

僕は自分の生き方だけでなく、カウンセラーとしての姿勢も加えて作っています。
そして、これを毎回カウンセリングやセミナーの前に眺めて背筋を伸ばす、というのをやっていました。

僕が考えたポリシーは次の16個。
元は11個だったのですが、何度も修正したり、考え直したりして16個に増えています。
今でもこれをただ読むだけでグッとテンションが上がってやる気になるし、また、参加者やクライアントさんに対する姿勢が良くなる気がします。

1.今、自分にできることをする。
2.必ず、何とかなる。乗り越えられない問題などやってこない。
3.自分を信じる。相手を信じる。
4.悪いことなど何も起こらない。すべては良いことであり、恩恵。
5.問題は「さあ、根本君ならどうするか?」とワクワクしながら取り組む。
6.Life is Game!(人生はゲームだ)
7.今、笑顔でいるかい?
8.家族、仲間、友人、クライアントに「ありがとう」を伝え続ける。
9.今、幸せを感じる。
10.迷ったら「好き」な方を選ぶ。
11.目の前の人を幸せにする。
12.特別に何かをしなくてもクライアントは自然と何かを掴んで帰ってくれる。
13.笑みを絶やさず、目の前の人をただ受け入れる
14.答えはクライアントが持っている。私と話をするだけでそれか自然と引き出される。
15.クライアントは私と話がしたい。私に話を聞いてほしい。
16.売ろうとしない。ただ自分のあり方にこだわるだけ。

これは羅針盤のような役割をしてくれると思うんです。
道に迷った時はもちろんですが、ふだんでもこれを見ると「ああ、こっちだった」って姿勢を正してくれるわけでして。
また自分が本当に大事にしたいことを明確にしているので、生き方もとてもシンプルになるんですね。
これを作るようになってから迷いが減ったような気がするんです。

ちなみにこの16のリストは、その福島先生の講座で知り合った、カウンセラーの吉野リョータさんが色紙に書いてプレゼントしてくれたんです。
それは今、僕の部屋に額に入れて飾ってあります。
リョータさんの書はとてもエネルギーがあるので僕にとってのパワースポットになってるんですね。

ちなみにこの「カウンセラー・ポリシー」は僕のコンサルを受けて下さる方には最初の段階で作ってもらうようにしています。
プロのカウンセラーとして、どう意識を持つのか?どこにグラウンディングするのか?何を大事にするのか?の姿勢を作るためにね。

皆さんも一度作ってみてはどうでしょうか?

Share on Facebook1Share on Google+0Tweet about this on Twitter