『あなたの得意なジャンルは何?』

カウンセリングで「この問題を扱いたいな」とか「この問題が得意だな」というジャンルは皆さん、もうお分かりでしょうか?

仕事の人間関係も、家族も、恋愛も、結婚も、離婚も、、、あれこれ扱いたいと思うけれど・・・。
話を伺って「よっしゃ!」とテンションが上がる話題があなたの好きなジャンルであり、得意ジャンルになる可能性が高いジャンルです。

長くカウンセラーを続けようと思ったら、自分が得意なジャンルじゃないとなかなか難しいですよね~。

好きこそものの上手なれ、ですからね。

では、そうしたジャンルってどうやって見つけるのか?っていうと、実にカンタンなんです。

それは「あなたが今まで悩んできた問題」なんですよね。

結局僕たちは自分のことが好きなので、自分が抱えている問題を何とかしようとこの人生を生きています。

お父さんとの関係で苦しみ、それを何とかしたいとやってこられた方は、お父さんとの関係に関してはプロフェッショナルになっています。
失恋で辛い思いをした人は、失恋については得意中の得意でしょう?
離婚問題で苦しんだ方は、同じ問題に悩む方を他人事だと思えないでしょう。

僕も、そもそも恋愛(失恋)の問題で悩み、その後、夫婦の問題もあり、かつ、仕事でもお金でも問題を抱えていたので、必然とそれらの問題を何とかするためにカウンセリングを受け、セミナーを受け、学び、クリアし、また、穴にハマり、また抜け出し、を繰り返してきたわけです。
だから、これらの問題が自然と僕の得意分野になっていきました。

僕も後輩たちから「いったい、自分はどのジャンルが得意なんでしょう?」って聞かれると、「そもそもこの世界に興味を持ったきっかけだよ」なんて答えます。
なんでカウンセラーになりたいと思ったのか?なぜ、自分がカウンセリングやセミナーを受けようと思ったのか?そこにヒントがあるわけですね。

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter