『今を受け入れる、を伝えたい。』

自分がカウンセリングで何を一番大事にしているんだろう?
何を伝えたいんだろう?

ということを考えることってあると思います。

ある方は「行動してもらうことを考えてる」とおっしゃってましたし、ある人は「受け入れてもらえることを体験してもらう」と、また別の人は「安心を与えたい、大丈夫ですよって伝えたい」と言ってました。

皆さんの場合は何ですか?

私の場合は「安心、希望、笑い」の3つを届けたいと思っているのですが、もう少し掘り下げてみたところ、これだなあ、としっくりくるものがありました。

「今を受け入れる」

今、起きていること。
今の自分。

それを受け入れる、ということ。
私の心理分析は「これこれこういう背景があってこういうことが起こっている」ということを解き明かしていきます。
そして、「こうなったのは自然現象なんですよ」ということを理解してもらうため。
何もおかしなことは起きていないんですよ、ということを伝えたいんです。

そして、この境地に行き着きます。

「実は問題なんて起きていない」

旦那が浮気をしている、というのは事実であって、問題ではないんです。
それを問題にしているのは奥さん自身に他なりません。

もし、奥さんに彼氏がいて早く一緒になりたいと熱望しているのならば、旦那の浮気は渡りに船です。離婚しやすい上に慰謝料だってがっぽり取れます。
そうすると、その事実は問題ではなく恩恵にすら思えます。

でも、旦那さんのことを本当は愛しているのにその事実が起きたとするならば、すごくショックで問題にしてしまいます。
ところがその事実と向き合っていくと、「ああ、夫のことがこんなにも愛おしく、こんなにも愛しているんだな。そのことを思い出させてくれる事実なんだな」となって問題はなくなっていきます。
愛と繋がると人は投獄されていても幸せを感じてしまう生き物なので、旦那の浮気は気にならなくなります。

そういうことを体感していただくために私のカウンセリングはあるんだな、ということを今さらながら実感したいので皆さんにシェアしたいと思いました。

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter